保育士になるための方法

国家試験の受験

保育士になるための方法として国家試験の受験があります。国家試験を受験して、それに合格することができるならば、保育士になることができるのです。この方法の場合は学校に通う必要がなく一発合格することができるならば、最短で保育士を目指せるでしょう。ただし、受験資格を満たしている必要があります。大学を卒業している方の場合は、それだけで受験資格を基本的に満たしています。細かく受験資格は設定されているため、よく確認しておきましょう。

国家試験は筆記試験と実技試験があります。年に2回試験は実施されており、筆記試験については合格した科目を3年間持ち越すことができます。そのため、たとえ不合格だったとしても、それは無駄にはなりません。次の受験の際の勉強の負担は減るからです。

実技試験では表現力を問われます。音楽や絵、話などの能力をチェックされるのです。そのため、こちらはしっかりと対策をしなければいけないでしょう。実際に保育士の仕事をする際には、子供達に歌を教えたり、絵を教えたり、話を聞かせる機会があります。そのため、実技試験というのはとても重視されているのです。

しっかりと対策をしないと落ちてしまうため注意しましょう。仕事をしたり子育てをしながら目指している方は多いです。