保育士になるための方法

養成校に通う

保育士になる方法の1つとして養成校の卒業があります。保育士養成校というものが国から指定されているのです。そちらを卒業すると国家試験を受けなくても保育士になることができます。保育士を養成するためのカリキュラムや設備が整っている学校なのです。そちらに進学すると、保育士として必要となる知識や技術を身につけるためのさまざまなカリキュラムが充実しています。実践的な内容の教育を受けることができて、実際に保育園へ実習に行くこともできるのです。

養成校の中には四年制大学と短期大学、専門学校という3つのタイプの学校があります。このどれでも卒業すれば同じ保育士の資格を取得できるのです。大学は4年間、短大は2年間、専門学校は2年から3年通うことになります。また、保育士以外の資格を取得できる場合もあります。たとえば幼稚園教諭免許の資格を取得できるカリキュラムが用意されていることもあるのです。

また、通信教育で保育士を目指すこともできます。通信教育の場合は学費を抑えることができるでしょう。たとえば仕事をしていたり、子育てをしながら続けることもできるのです。

このように学校に通うという方法によって保育士を目指すことができます。